sakura

中央アルプス

池上好彦ホームページ写真集

             伊那谷を愛する写真家池上好彦      

  中国西安の旅 令和2年1月10日から19日まで
西安はかっての中国の首都であり大学の数は中国一であり軍の最先端の宇宙、航空産業を担う中心地であり、中国が世界に誇る文化、教育の水準の高い大都市です。人口1千万人、シルクロードの要所、仏教の聖地、4千年の深き歴史と始皇帝の都、西安、日本の仏教、日本文化の発展の元は西安から来ていると西安に来て感じました


西安兵馬

   西安兵馬俑


西安 仏教の聖地 三蔵法師
空海も西安の地で学ビ日本に仏教を広めた

                
 
お釈迦様の遺骨が埋葬されていた法門寺

ここから善光寺、台湾、中国、世界各地の仏教寺院に
分骨されていった

         西安にて


西安の城壁
長さ18キロ幅4キロ高さ10数mの城壁は2,400年前に築かれたという
戦争や災害にあっても2400前に築かれた城壁の石は一つの石も崩れてな

西安は敦煌と同じく石の文化の都だ。万里の長城と同じく昔人の壮大な
エネルギー、ドラマを感じる

 
お世話になりました1月11日
西安市付近の超広大な肥沃な農地に10年で大都市を建設する地区に
案内された。新幹線、高速道路、高層マンション、広大な工業用地等の
開発が急ピッチで進められていた。 中国のパワー、スケールの大きさ、
力強さ、活気、たくましさを感じた。近い将来世界のトップになると思った
平和ボケした日本とは大きな違いだ。中国から見るとますます日本は
小国に見える、

始皇帝像 1月11日

孫の入学の時の写真
 
西安の旧中心市街地1月16日


西安の夜景 1月12日

 
お釈迦様の寺院には幾つもある1月12日
中国の観光地はスケールが違う、台湾の故宮博物館の宝物を一通り見るだけで60年かかるといわれた。

始皇帝陵1月11日
猛毒の水銀に覆われているために50年、100年のスタンスで
発掘調査を進めるそうです。

夏の仙丈ケ岳カール


春の柳と中央アルプス